マイケルが死の直前に、朦朧としながら言った言葉

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/

27日の午後に始まったコンラッド・マーレー医師の裁判は、マイケル・ジャクソンの遺体写真の公開という衝撃的な展開からスタートしました。
デイリーメールによると、死の直前に話した不明瞭なマイケルの声のテープも流したようです。
検察官はマーレー医師がマイケルを自ら蘇生させようとして、911の呼び出しを遅らせたことを非難。
弁護側は、マイケルが自殺したと主張しています。

法廷では死の直前のリハーサルで健康そうなマイケルの画像が流れ、それを見ていたマイケルの母親は涙を浮かべました。





公開されたマイケルの声は、マーレー医師のiPhoneに記録されていました。
彼はもうろうとした口調でこう言っています。

「僕たちはすごく(ならないと)」
We have to be phenomenal(すごい、並外れた)…
「みんながショウをみたあと、帰るとき、こんなふうに言ってほしい。こんなすごいショウは、今までの人生で決して見たことがない」
When people leave this show, when people leave my show, I want them to say, “I’ve never seen nothing like this in my life. Go. Go.”‘

この記録によって、マーレー医師はプロポフォールの投与をやめるべきか判断がついたはずだと言われています。

Similar Posts:






  
 

2 comments for “マイケルが死の直前に、朦朧としながら言った言葉

  1. 原田正子
    2016年11月5日 at 5:35 PM

    ターンターンの訳詩初めて知りました。聖書に絡む絵画を描いているので、驚きました。大好きな曲ですので。

    • Naoki Numahata Rem York Maash Haas
      2016年11月8日 at 10:52 AM

      シンプルでいい歌ですよね。私も好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。