ジェニファー・ロペス、涙の理由が明らかに。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


今月11日に行われたコンサートで、ジェニファー・ロペスが涙を流しました。
その曲は新曲「One Love」。理由は不明でしたが、アクセスハリウッドの記事で涙のワケが明らかになりました。
彼女が語るところによると、会場の雰囲気が感動的だったようです。
ステージで彼女は、自分が昔のように、ひとりの少女のように感じました。会場にいるみんなと同じように。
彼女は胸に手をあてて観客を眺め、「’I’m going to sing you the last song I wrote about love. A lot has changed since then」と語ります。「今から愛について書いた歌をうたいます。その日以来、多くのことが変わりました」





「変わった」というのは、前夫マーク・アンソニーのこと。二人は6月に離婚しました。
そして、観衆の中に母親の姿を見つけ、また感傷的になりました。
思い出すのは、家族の姿。
この曲は、自分の子どもを思う曲でもあります。

「My life gets great and gets not so great sometimes」
人生は素晴らしくて、ときどき困難なときもある。

離婚は3度目。さすがにジェニファーもこたえたようです。

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。