もう、UFOの存在を信じるしかないのかも。全米が報じた「国家的ミステリー」映像。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

田舎のあぜ道を歩いていて、UFO映像を撮影しました…というと信憑性が若干下がりますが、高校のフットボールの試合を撮影していたその映像に、「映っていた」としたら…?
10月28日、アリゾナ州フェニックスのスコッツデール、ホライゾン高校で、実際にそのような事件が起こりました。
少なくとも、二人の人が撮影した映像にそれぞれ奇妙な光。
3~4の光はランダムに点滅し、ゆっくりと空を移動しています。
それは約1分半続きました。

映像はすぐにyoutubeにアップされ、「国家的ミステリー(a national mystery)」としてヤフーのトップニュースに。すぐに50,000ビューを達成しました。

撮影された日、現地には数百人の観客がいましたが、多くはその光をスカイダイバーだと思ったそうです。
実際にアリゾナにはチームが存在し、マグネシウムの光を発しながらダイブします。

フォックスニュースのヘリパイロットは、この騒ぎのあと、彼の知っていることについてニュースで発言。
実は、「Halloween Balloon Spooktacular」というスカイダイバーのイベントが近くで行われていて、彼は現場にいたそうです。
4人のダイバーが足首に装置をつけて飛んだので、彼は映像を見れば4つの光が見えるはずだと発言しました。

確かに、この映像では、光は点にしか見えません。
しかし、そのくねくねした動きが少し奇妙です。





全米ではこの真贋について絶賛議論中。
2008年にはフェニックスで赤いライトのUFOが撮影されましたが、それは、ヘリウム風船だったことが後に判明。
そのため、UFO映像には懐疑的な面が住民にはあります。が、ダイバー説も完璧ではありません。
映像が撮影されたのは8時半。しかし、ダイバーが空を飛んだのは9時でした。
ただし、ダイバーが公式な時間よりも早く飛んだのではないか。という人もいます。
それに、何か光りが後ろに流れていく感じ、UFOらしくないといえばらしくない。

ただ、4人というのは間違いかもしれません。映像をよくみると合計5つの光があることがわかります。

もはや、判断不可能。
そんな矢先、新たなUFO映像が報じられました。

下の映像は同じ高校の試合中にMBCのカメラが捉えたUFO映像。
video platformvideo managementvideo solutionsvideo player
撮影されたのは土曜日のフットボールの試合中。
ニューオーリンズのカテドラルの上を飛ぶ飛行物体は、CM中に撮影されました。
こっちの方が信憑性があるかもしれません。

Similar Posts: