ゴッホ 革命です。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.vangoghgallery.com/

ゴッホがサンレミの病院に入院中に描いたのが、看護師のタラバックとその妻でした。
このオリジナル作品は、ゴッホがモデルにあげてしまったため、長いこと行方不明でした。





この肖像画の凄みは、偶然か計画的か、生まれてしまった色。
顔の影に緑が入っていて、まるで最近の映画の色を先取りしたかのよう。

当時の絵画は陰影の差を色の差としていただけで、線は使いませんでしたが、ゴッホは北斎の影響もあって線を使います。
しかも、その線の中にもうひとつ色を置いたりします。

影に色を積極的に使うようになったのはモネが最初ですが、実際に実生活でも影には反射する色があります。
たとえば頬の影の近くに赤い物があれば、影は赤くなります。
なので、絵画において影に色を使ってもおかしくはなりません。
ゴッホの場合は線の中に積極的に色入れますが、それも同じ原理でおかしくはなりません。

影の原理として、濃い色の中に、少しくすんだ色を入れれば大丈夫。

この絵の場合は、くすんだ緑色の影が先にあり、その上から鮮やかな肌色を線で入れていくという方法です。
クリムトなども近い描き方をしていますが、影にこれほど色はありません。

ゴッホは真に革命的でした。

Similar Posts:

    None Found