エンタメ

マーレー有罪はやりすぎか

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/

マーレー被告が、有罪となりました。
殺意はないものの、殺害の責任がある日本でいう業務上過失致死。

しかし、マーレー被告の有罪には、明らかに陪審員のマイケルびいきがあるような気がします。
マイケルの死になんのメリットもないマーレー被告に厳しい罪をきせるのは、マーレーの同情票がまったくなかったことを示しています。

判決が下されたとき、裁判所の外の群衆から歓声があがりました。
宣告されるのは懲役4年とみられていますが、実際に刑務所に4年いる可能性は低いようです。また、医師免許は剥奪されます。
彼個人の人生を考えると、最悪です。

検察の主張は、毎月15万ドルの高額給料の見返りとして、喜んでプロポフォールを彼の求めるままに与えたというもの。
確かに医師としては薬剤管理不足でした。

無罪となった場合は、遺族やファンから猛抗議が起きていたでしょう。

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

Similar Posts:






  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。