今日、幅400メートルの巨大小惑星が月よりも内側に接近か

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player
今日、地球から201,700マイル(32万4604キロ)内に、小惑星2005YU55がやってきます。
月と地球の距離は38万キロ。それよりも近いということでしょうか?





That’s slightly less than the distance from Earth to the moon.
ABCの記事には確かに、「月よりわずかに近い」と書かれています。
実は、小惑星はしばしばこれくらい近くまで接近することがあるそうです。
しかし、ほとんどが小さいもの。

そのため、大気に突入する際に燃えて流星群になったりしますが、YU55の場合は、幅が1300フィート(400メートル)もあり、航空母艦よりも大きいということがレーダー測定によって判明。
YU55ほぼ球体で、ゆっくり回転しながら移動しています。
炭素が主体のため、非常に暗い星で、肉眼では見ることができません。

NASAは特に警告をしていないので、問題はないとは思いますが、世界の安全を考える財団は、いつか来る小惑星の衝突に対して、世界は危機意識を持たなくてはならないと警告しています。

Similar Posts: