ニューヨーク、マドンナのアパート騒音裁判が無事終了

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/

マドンナはニューヨークにあるフラットで、
隣人とのトラブルが発生していました。
原因はリハーサルスタジオ。隣人によると、とにかく音がうるさく、壁が揺れるのが辛いとのこと。

そこは7億ドルもするマドンナのお気に入りフラットで、1日3時間のラウドミュージックに隣人は「絶えられない」と2009年に裁判を起こしました。
マドンナはもちろん防音設備の充実に努めたものの、うまくいかなかったようです。そのため、法的制限に違反しない程度の音量をキープしたのち、別の場所にスタジオを建設。もうすでにそのアパートは使用していません。





その経緯もあり今週水曜日、その裁判も和解という結末で無事終了。

問題となったフラットはHarperley Hallという歴史ある高級アパートで、2008年に7階を買い取りました。

大きな地図で見る

アッパーウェストサイドのセントラルパーク沿いに建っています。

Similar Posts: