ドーセットで見つかったバイキングの骨は、世界最強、伝説の部隊のものだった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk

 

イングランドにはかつてケルト人が住んでいたものの、今のデンマークやノルウェーから応援部隊としてやってきたアングロ人に武力支配される。

やがてアングロ人は土着化し、王朝も安定したものの、かつての仲間である北欧のバイキングの襲撃に苦しむ羽目になる。

2009年、イギリスのドーセットで、道路の工事中に偶然見つかったのは、そのころのバイキングの兵士の遺体。

54もの首亡き遺体が発掘された。

時代は968〜1016年、アセルレッド王の治世。

当時バイキングは、イングランドの人々にとって恐怖の殺戮部隊だった。

 

その恐怖の部隊が、首を切られて捨てられていたーー。





ドーセット、リッジウェイの丘で待ち構えていたアングロ人部隊は、恐怖に打ち勝ち、バイキング部隊を撃退したようだ。

なんらかの知恵があったのか、正面から堂々と戦ったのかはわからないものの、勝利したアングロ人はバイキングの首を斬首。そして、塹壕に死体を遺棄した。

 

記録によると、当時Thorkel the Tallが率いるバイキングキラーの集団がいて、Jomsvikingと呼ばれていた。

Jomsvikingの伝説は世界各地に残っていて、恐怖を顔に出さず、決して逃げないという彼らのルールも広く知れ渡っていたという。その彼らが命運つきて死んだのがこの丘かもしれないと、ブリット・ベイリー博士は推測している。

 

当時、イングランド国内のデーン人は虐殺という憂き目にあっている。

アセルレッド王は度重なるバイキングの襲撃に苦しめられていて、1002年11月に「セントブリスの大虐殺」を決行。

これは、国内に住むすべてのデーン人(デンマーク人)を殺すという命令のもとに行われた熱狂的な大虐殺で、そのときの遺体はロンドンやオックスフォード、グロスターなど各地で発見されている。

 

これらは熱狂した群衆によりデーン人に対する攻撃、虐殺が行われたが、ドーセットのバイキングは、一人一人念入りに処刑されている。

処刑方法は彼らの勇敢さを示すように、顔の正面から剣か斧で叩き割るというもの。

意識があるまま、正面から武器によって殺されたというのだ。

 

去年になって、それを証明する手がかりが発見された。

歯に入った縦のストライプ痕。

戦士たちの勇敢さは死後数百年たっても、消えることはなかった。

 

 

http://en.wikipedia.org/wiki/Jomsvikings

 

Similar Posts: