月に国家?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://abcnews.go.com/

 

ニュート・ギングリッチは、実際に月と火星に行きたいと考えている。

しかも、そこにスペースコロニーができて、十分な人口が出来た場合、国家としての地位を与えたい。と考えている。

そんな上から目線のこの男はいったい誰なのか。フロリダで熱狂的な群衆に囲まれているという。

そう、彼は21日にサウスカロライナ州の共和党候補予備選で勝利した男。

元下院議長。

31日にはフロリダ州予備選を控えている。

 





つまり、NASAのあるフロリダで、彼は宇宙の夢を語ったのだ。

しかし、それは単なる夢ではなくて、一度は本当に提案したことがあるようだ。

ホワイトハウス時代、彼は月のコロニーが1万3000人の住民数を数えたら、国家としての地位を与えるという法案を執筆した。

いや、国家としての地位はいいすぎだ。Statehoodは州という意味もあるので、アメリカ合衆国の州として認知するということだろう。

 

アメリカ国民はそんな大胆な発想に心惹かれる。

フロリダの熱狂は、今後も加熱していくかもしれない。

 

 

 

 

 

Similar Posts: