ポルシェ911モデルのデザイナー、”ブッツィ”ポルシェ死す

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

長いボンネットに傾斜したルーフラインが特徴のポルシェ911。

1963年の発表以来、今も愛好家に愛されている車だが、その生みの親であるフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェが5日、亡くなった。

78歳だった。

 

http://www.guardian.co.uk/business/2012/apr/05/ferdinand-porsche-911-model-dies

彼はポルシェ創設者の孫で、彼自身は60年代に同社のデザインスタジオを率いていた。

彼が行ったのは、無駄な装飾を取り除くこと。より洗練されたポルシェを生み出した。





 

911は現在第七世代だが、基本的なデザインは当時のものと変わらない。

 

彼は1972年にポルシェデザインスタジオを設立し、時計、メガネ、ペンなどをデザインした。

「しっかり筋が通った製品は、装飾を必要としない。純粋なフォームによって(そのデザインは)高められていくべきだ (A formally coherent product needs no decoration, it should be elevated through pure form)」

と、言葉を残している。

 

あだ名はブッツィ・ポルシェ。彼自身は自分がデザインした原案に近い904を気に入っていたという。

 

 

Similar Posts: