飛行機を巡るセレブの悪行三昧

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://abcnews.go.com/Travel/slideshow/celeb-airplane-antics-16111776

 

アメリカのセレブに飛行機での悪評は多い。

ABCが過去のセレブ問題行動をまとめている。

 

2011年12月には、俳優のアレック・ボールドウィンが問題を起こし話題になった。

彼はロス国際空港で、アメリカン航空の飛行機から追い出されたのだが、理由は携帯電話の電源を切ることを拒否したため。

彼は『Words With Friends』に夢中になっていた。

 

彼のツイートによると、飛行機はまだ待機中だったのに、ゲームをやるなと怒られたという。





 

彼は怒って機内のトイレに入ったが、そのときドアを激しく閉めて騒ぎになったため、機長がやってきて、彼を追い出す決定をした。

 

アレックの有名なその事件の前に、同じようにキックオフされていたのは、ジョシュ・ディアメル。2010年にブラックベリーをオフにするのを拒否したために彼は飛行機の旅を楽しむことはできなかった。

 

2008年にはコートニー・ラブが出発ラウンジで喫煙。そこでは喫煙が禁止されていたため、彼女はロンドン行きのフライトに搭乗できなかった。

2003年には客室乗務員に汚い言葉を浴びせて12時間拘留された。

 

最後はクリスチャン・スレーター。1994年、ニューヨークのJFK空港で、デルタ空港のターミナルに9ミリピストルを持ったまま入ろうとしたために逮捕された。

 

もし客席に座っているアレックやコートニーを見つけたら、すぐに担当を交代したほうが良さそうだ。

 

 

Similar Posts: