アップルの電子書籍談合の疑いで、キンドルの書籍は低価格化する

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://edition.cnn.com/2012/04/11/tech/web/apple-lawsuit-cheaper-ebooks/index.html?hpt=hp_c2

 

米司法省はアップルといくつかの出版社を「談合」容疑で訴えているが、これでキンドルは勝利となるのかーー。

 

2010のiPad発売時、アップルと6つの主要な出版社は、デジタル書籍の価格を上げるためにテーブルを囲んだ。
アマゾンはキンドルでデジタル書籍(e-books)を購入する場合、当時廉価版を9.99ドルで販売するよう努力していたが、出版社はそれを安すぎるとして、iPadと価格引き上げを共謀したというのだ。

 





アップルと設定した価格は12.99ドル。出版社はこれに合わせて、他のデジタルデバイスにも同価格に設定をした。

 

水曜日、トラストを監視するセクションの担当者が、「これは事実上、e-booksの値段を下げた行動となる。価格競争を防ぐための協定をすると、それはもちろん違法だ」と語った。

 

すでに政府と和解した3者(HarperCollins, Simon & Schuster and Hachette)は現在の契約を破棄し、アマゾンやバーンズ&ノーブルとの再交渉に合意している。

 

「これはキンドル所有者のための大きな勝利。より多くの書籍の低価格化されることを楽しみしている」とアマゾン広報は電子メールで声明を出した。

 

アップルはこの件についてのコメントをCNNに対して拒否したという。

 

アマゾンが9.99ドルの廉価版を発売したのは2007年。出版社はそれに動揺し、アップルに相談を持ちかけたという。
噂は前々からあり、先月初めに報道された。

 

デジタル書籍は再び低価格版が登場することになりそうだ。

Similar Posts: