旅と都市カルチャーShin-ku

1964年、外国人が捉えた若者たちの反抗

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://life.time.com/culture/teenage-wasteland-japanese-youth-in-revolt-1964/?iid=lf%7Crelated#1

LIFE誌のカメラマン、マイケル・ルージェは、1964年ごろ、東京の10代の撮影に没頭していた。不安を抱え失踪するティーンエイジャーの姿。
そのレアな写真が、サイトで再び公開されている。

 

上の写真は1964年、9月11日のLIFE誌。キャプションには「”Kako, languid from sleeping pills she takes, is lost in a world of her own in a jazz shop in Tokyo.”と書かれている。
「睡眠薬を飲み、けだるい表情をするケイコ。東京のジャズ喫茶で、自分の世界で迷子になる」

 

大人は人間が作った社会に子どもたちを順応させようとし、一部の子どもたちは素直に大人になる。
しかし、一部の子どもはその社会に納得がいかない。

 

この写真について、記者のロバート・モースは「西洋社会でもおなじみの現象だ」と述べている。

反抗者の少なくなった現代の日本人にとって、このノスタルジックな写真は強烈に切ない。

Similar Posts: