アパルトヘイト時代の国歌を流してしまった! ホッケー

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

イギリスで行われた国際試合で、南アフリカに対して大会主催者が謝罪した。

理由は、試合前に流れた国歌。

それが、アパルトヘイト時代の白人向け国歌だった。

 

火曜日の試合で流れたのは、1994年以前に国歌だった「Die Stem」。

 

若い選手の何人かは、それが昔の国歌であることに気づかなかったという。

 

ネルソン・マンデラが大統領に就任してから、国歌は「Nkosi Sikelel’ iAfrika(God Bless Africa)」となっていた。





 

しかし、国歌の間違いにもめげず、南アフリカは3-1で英国を撃破した。

 

 

 

Similar Posts: