ベルリンにあらわれたミステリアスな「森の少年」。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

ドイツのベルリンに登場した、「森の少年(Forest boy)」のミステリーが世間を騒がしている。

 

約1年前、警察にあらわれたレイという少年。
彼は訛りの強い英語で、5年の間、父とともに森の奥で暮らしていたと警察に語った。





 

17歳という彼は、学校に行かず、5年も人里離れた森の奥で暮らしていたというのか。

 

彼を隔離した父親の意図とは何なのか。

 

レイによると、両親はすでに二人とも死んでいるという。
しかし、彼自身はなぜか、親類捜しなどを求めていない。

おそらく、親類などには会ったことがないのかもしれない。

 

ベルリンの警察とインターポールは、行方不明者のDNAの照合や、指紋を各国の警察に送るなどして、彼が誰なのかを調べようとしている。
かつて誘拐された、誰かなのかーー。

 

ベルリンの新聞は彼を「フォレストボーイ」として追っている。
報道によると、9ヶ月前にバックパック姿で登場した彼は、ベルリンまで5日間歩いてきたという。

 

彼は自分のことをレイと呼び、17歳だと語った。
母のドレーンは交通事故で死亡。父のライアンと森で暮らしていたが、去年の夏に亡くなった。

 

調査機関によると、彼の訛りは、英語が母国語ではないことを示しているのではないかと言われている。

ただ、両親のどちらか一方がアメリカやイギリスの出身の可能性があると見ている。

 

彼の写真は、満を持して先日、ついに公開された。

ブロンドに青い目。この画像はアメリカの報道機関でも公開されたため、もしかすると名乗り出る両親が出てくるかもしれない。

 

彼は果たしてミッシング・パーソンなのか。

それとも、死んだ父親がただ学校に行かせなかっただけなのか。

映画のような話が、ベルリンで今起こっている。

 

 

Similar Posts: