『猿の惑星』が現実化? チンパンジーが米学生を襲う

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

まるで映画『猿の惑星』。
5日前、テキサス州の学生が、2匹のチンパンジーに襲われた。

 

そこは南アフリカにある、「Chimp Eden」と呼ばれる「チンパンジーの聖域」だった。

 

襲われた学生はアンドリュー・オベリー(26)。
チンパンジーの研究のため、ヨハネスブルグに滞在していたが、研究対象のチンパンジーは、映画同様、ヒトに牙をむいた。

 

場所はJane Goodall’s Chimp Eden sanctuary。
木曜日、聖域でのツアーに参加していた彼は、フェンスの向こうにいた2匹のオスのチンパンジーを観察していた。

しかし、2匹はフェンスの下から、彼の足をつかまえ、強力な力で、彼を引っ張った。

 

彼は瞬く間に聖域内に引きずりこまれ、そのまま半マイルほど引きずられたという。
関係者によると、彼は二つあるフェンスのうち、一つを勝手に乗り越えていたらしい。

 

彼は今、病院で治療を受けているが、クリティカル・コンディションだという。

チンパンジーは、彼を何度も噛んだ。

噂では、彼の耳や指がないらしい。

チンパンジーは人間の6倍の力があるとされている。

 





video platform video management video solutions video player

 


より大きな地図で Maash Maps を表示

Similar Posts: