アメリカの国歌は世界で一番難しい

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

火曜日の全米オールスターゲームで、再び国歌斉唱問題が起きた。

歌詞を覚えきれなかったのは、カントリーミュージックのルーク・ブライアン。
ちらちらとあんちょこを盗み見る彼の姿が国民の失笑をさそった。

今彼は、「非国民」と非難を浴びている。

 

歌詞が難しいだけならいい。

アメリカの国歌「The Star-Spangled Banner」は、歌事態が難しい。

だから、スティーブン・タイラーはこんな風に歌った。

 
video platformvideo managementvideo solutionsvideo player
 
「耳をつんざく」国歌斉唱として話題になった。

でもやっぱり歌詞が覚えられない。
シンディ・ローパーも歌詞をごまかした。
video platformvideo managementvideo solutionsvideo player





彼女は「were so gallantly streaming」と歌うかわりに、「as our flag was still streaming」と歌った。

最近話題になったのは、クリスティーナ・アギレラの国歌斉唱。
やはり歌詞を間違った。
video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

エンターテイナーはできればこの役目を引き受けたくないのではないだろうか…。

Similar Posts: