我々の祖先、原人と一緒に住んでいた新種のヒト発見

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2185666/We-werent-Scientists-confirm-species-early-human-beings.html

 

200年前、我々の直接の祖先が生きていたアフリカ。

そこに、同じ地域に住んでいた新種のヒトが見つかった。

 

そこは、人類発祥の地とされているケニアのトゥルカナ湖。

2007年から2009年にかけて発掘された化石は、我々の直接の祖先のものではなかった。

 

頭蓋骨はほぼ完全な形で残っていて、我々の祖先であるホモ・エレクトゥス(原人)にも近い見た目だったという。





だが、分類としてはホモ・エレクトゥスとも、ホモ・ハビリスでもなかった。

 

発見された二つのアーリー・ホモ(early homo)は、ホモ・エレクトゥスのご近所に住んでいたという。

当時は、そのあたりが住むのに適していて、栄えていた証拠だ。

 

長い間かけて、なんらかの理由で、彼らの種は途絶えた。

バクテリアの対応や寿命、生殖機能などさまざまな理由が考えられるが、ホモ・エレクトゥスはさまざまな条件に合格し、今に至る。

 

我々が長生きできるのも、そういった淘汰を経て、この地球に適応した種として認められているからだ。

 

研究結果はNature誌で発表された。

 

Similar Posts: