資本主義後を描いたアニメーション

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/video/2012/aug/21/after-capitalism-rebecca-walker-video

 

資本主義後のユートピア的ビジョンを提案するレベッカ・ウォーカーの作品。アニメはセントラル・セント・マーチンズの学生ジョン・クリスチャン・フェルナー・アパネスと、ジョー・バークリニ。

 

テーマは「革命を待つ理由はない。それはすでにここにあるから」。





最初は貧乏で奴隷的だった労働者も、今では多くの権利を有している。

昔の労働者が今の状況を見たら、「革命は成った」と勘違いするかもしれない。

 

英語がわからなくてもわかりやすいアニメーションが素敵。

 

 

 

Similar Posts: