バーニングマンは元々、恐怖の儀式だった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://abcnews.go.com/Entertainment/slideshow/burning-man-nevada-desert-17126362

 

ネバダ州で毎年行われるのが、巨大な人間像を燃やす「バーニングマン」のイベント。

今年は31日にブラックロック砂漠でイベントが開催された。

 

巨大な木の人間を燃やすのは、「ウィッカーマン」という儀式がもと。





ヤナギの編み細工であるウィッカーを燃やすという儀式だが、ケルトの時代には雷神タラニスの怒りを静めるために、恐ろしいオプションがあった。

編み細工にしているのは、その中に動物を入れるためだったのだ。

動物といっても、人間も含まれていた。

 

そして、動物や人間が生きたままの状態で焼かれるのがウィッカーマンの儀式だった。

 

近代初期までウィッカーマンの儀式は続いていたが、生け贄からワラの人形となってヨーロッパ各地で行われていた。

 

 

 

Similar Posts: