Cロナウドは喜ばなくても、息子は喜んだ

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2197612/Number-fan-Cristiano-Ronaldos-son-looks-smart-cheers-dad-Real-Madrid-match.html

 

いじめ説で揺れているレアル・マドリードのクリチャーノ・ロナウド。しかし、日曜日のホームでの2ゴールは、チームメイトには贈らなかったが、スタジアムに来ていた2歳の息子には贈っていた。

2ゴールを彼は喜ばなかったとされる彼のコメントは「’I’m sad – when I don’t celebrate goals it’s because I’m not happy.」 僕は悲しい。ゴールを祝わなかったのは、僕が幸せじゃないからだ。

というもの。





 

原因として会長との不和やチームメイトとの喧嘩が噂されている。

 

彼はゴールに喜ぶことはなかったが、観客席にいたジュニアは喜んでいた。

 

ジュニアの母親はイギリス人の大学生で、親権は放棄している。彼女はこのことについて家族や友人にも明かしていない。

 

ジュニアは常に父親に観客席から手をふり応援していたという。

コメント欄には「彼はかわいい」「天使だ!」「ハンサム」などと書かれている一方、は「母親が見たらどう感じるだろう。胸が張り裂ける」というものもあった。

 

母親は親権を放棄し、ロナウドから大金を受け取ったあと、誰にも打ち明けられない孤独感に悩み、「子どもに会いたい」と何度もロナウドに電話をしている時期があったといわれている。

 

 

Similar Posts: