Music アワライ Our Live

ゴスペルソングとして世界中で愛され続ける歌

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


70年代の混迷期に作られたサイモン&ガーファンクルの「明日にかける橋 Bridge Over Troubled Water」。後にアレサ・フランクリンによってゴスペルとしてアレンジされ、アパルトヘイト時代の南アフリカなどでヒットしました。今では多くの国でゴスペルとして歌われています。誰かと一緒に歌ってみるとわかるのですが、最後にかけての高揚感がすごい曲です。多くの人がカバーしているのですが、どれも素晴らしい絶唱です。


アレサ・フランクリンなどプロが歌うのはもちろん、一般の人が歌うビデオも興味深いです。
アレサ・フランクリンの歌うBridge Over Troubled Water
比較的新しいアレサ・フランクリンバージョン
クレイ・エイケン(少年聖歌隊→学生ミュージカル→アメリカン・アイドル→デビュー) ゴスペル隊に囲まれてBridge over troubled water(デビューシングル)
レオナ・ルイスのBridge over troubled waters 2分あたりからコーラスが入り合唱
観客席を囲むように歌う

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

  1. ゴスペル ボイトレ

    ボイトレ(ボイストレーニング)は、歌声をいかに大きくコントロールして発声できるか、に気持ちを集中させます。ピアノに合わせて、「アアアアアー」と、だんだん音階が上がっていくアレです。皆さんのゴスペルクワイヤやゴスペルサークルではいかがでしょうか?練習毎にボイトレを少し取り入れているところがほとんどではないかと思います...…

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。