インドに滞在するイギリス外交官が覚えなくてはならない「ヒングリッシュ」

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2216285/British-diplomats-India-learn-Hinglish-mix-Hindi-English-used-language.html

 

インドで最も重要になりつつある言語が、ヒンドゥー語と英語をミックスしたヒングリッシュだ。

もし外交官がこの言語を覚えていないと、商談でも蚊帳の外になるらしい。

 

植民地時代に誕生したこのヒングリッシュは、その後全国に普及し成熟した。

 

しかし、英語圏の人はこのヒングリッシュを馬鹿にすることはできない。





シャンプーやパジャマといった単語は、このヒングリッシュが起源らしい。

 

インドでは純粋なイングリッシュは、200年の間、上流階級のものだった。

もしくは企業などのビジネスマン。

それがやがて互いの言語を行き来し、多くのテレビチャンネルが自由に言葉を混合し、独自の発展を遂げたようだ。

 

 

Similar Posts: