1939-1940 ナチス占領下のポーランド、ユダヤ人ゲットー。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://life.time.com/history/world-war-ii-color-photos-from-nazi-occupied-poland-1939-1940/?iid=lf%7Clatest#7

1939年と1940年に、ポーランドのユダヤ人ゲットーを撮影した珍しいカラー写真。

これは、ナチス占領下のポーランドで、クトノ(Kutno Ghetto)と呼ばれたゲットーを、ヒューゴ・ジャガーというカメラマンが撮影したもの。

実は、このカメラマンは、実はヒトラーと親密で、プライベートなヒトラーを記録した人物。

これらの写真もナチスのプロガンダとして、ワルシャワゲットーの設立に使われたらしい。

 

上の写真では、ダビデの星の紋章をつけたユダヤ人の老人は少し微笑みながらナチス将校と話している。

他にも、リラックスし、微笑む子どもたちの写真もある。
洗濯をする女性、オシャレをする女性。
どれもよく見るとダビデの星がある。





 

1940年6月に、8000人のクトノのユダヤ人は砂糖工場跡へ移され、数百人がチフスで死亡した。

42年には解体。住民の大半はウムノの絶滅収容所に送られた。

 

1945年、終戦間際に、カメラマンのジャガーは、スーツケースにこれらの写真を隠した。

米軍兵士が来たとき、置いてあったコニャックの瓶に気をとられたのか、スーツケースの中身を調べられることはなかった。

もしこれらの写真が見つかっていたら、戦争犯罪人として裁かれていた可能性がある。

 

彼はミュンヘンに写真を隠し、1955年に銀行の金庫にあずけた。

10年後の65年、彼はライフ誌にこれらの写真を売った。

 

 

View Maash Maps in a larger map

Similar Posts: