ナチスのポーランド奴隷化計画に抗ったポーランドの教師が死亡

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2221566/Oldest-known-Auschwitz-survivor-taught-Polish-children-defiance-Nazis-dies-aged-108.html

 

日曜日、アントニ・ドブロボルスキという、108歳の老人が、ポーランドの町デンブノで亡くなった。

彼は、ポーランドにおけるナチス抵抗の最後のシンボルだった。

 

1939年、ナチスはポーランドに侵攻。

そして、ポーランドの知識階級を破壊するために、小学校高学年の授業を禁止した。

いわゆる slave race 「奴隷人種」と呼ばれる政策だ。

 

もしも子どもへの教育を教育者が隠れて続けた場合、教育者は強制収容所か刑務所に送られる。





 

 

ドブロボルスキは、強制収容所送りの危険性があるなか、隠れて子どもたちに授業を続けた。

その結果、1942年6月にアウシュビッツに送られた。

 

「そのころのアウシュビッツは、ダンテの地獄よりも悪化していた」と、103歳当時に振り返っている。

 

彼はその後、ザクセンハウゼン強制収容所に移され、1945年に解放された。

戦争後はポーランド語教師として復帰し、小学校の校長や高校で働いた。

 

1979年には、アウシュビッツを訪問している。

 

ナチスはポーランド文化を破壊するため、大学、学校、博物館、図書館、科学研究所を閉鎖した。

学校に関しては、低学年の教育で、500以下の数字を使った算術と、名前を書くこと、ドイツに従うことを教えることを学ばせるだけにした。

 

そういった政策に対する教育者の憤りを知る、最後の人物がドブロボルスキだった。

アウシュビッツ収容者としても最後の生存者とみられている。

 

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “ナチスのポーランド奴隷化計画に抗ったポーランドの教師が死亡

Comments are closed.