スーパーマンの故郷の惑星の位置が明らかに。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.guardian.co.uk/culture/us-news-blog/2012/nov/05/neil-degrasse-tyson-superman-planet

 

水曜日に発売されるスーパーマンのコミック#14において、天体物理学者のニール・デグラッセ・タイソン(Neil deGrasse Tyson)が、ある重要な秘密を明らかにする。

それは、スーパーマンの故郷クリプトンの正確な位置。

距離は27.1光年。太陽は少し小さく、温度も低い。

そして、この星は実際に存在する。

 

もちろん、実在する太陽系的な存在を、架空の星クリプトンに見立てたもので、物語に真実味を加えている。

 

LHS 2520 (J2000)

Right Ascension:

12 hours 10 minutes 5.77

secondsDeclination:

-15 degrees 4 minutes 17.9

secondsProper Motion: 0.76 arcseconds per year, along 172.94 degrees from due north

 

 

スーパーマンはニューヨークのヘイデンプラネタリウムでタイソン博士と会う。





スーパーマンは故郷を見つけるために、毎日このプラネタリウムに通い、自分の星を探したのだった。

 

タイソン博士も実在する。2000年にはピープル誌で「最もセクシーな天文学者」に選ばれた。

 

タイソン博士は1958年10月5日生まれ。マンハッタンのブロンクスで生まれ、9歳のときにはじめてヘイデンプラネタリウムを訪れ、天文学に魅了された。現在は同プラネタリムのディレクター。

Similar Posts: