2億年前の繊毛虫が南極大陸で発見。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2242397/200m-year-old-hairy-microbe-discovered-trapped-prehistoric-cocoon-leech-high-mountains-Antarctica.html

南極大陸で発見された原始的繊毛虫は、2億年も昔の生物だった。

アイゼンハワーレンジ山(Eisenhower Range)で保存されていたのは、非常に柔らかい体で、死ぬときに溶けてしまう繊毛虫(ciliate)。

この毛深い虫は、繭の中で2億年も冷凍保存されていた。

 

水中で泳ぐこの微生物は、8000種もある繊毛虫種の一種。「先史時代のヒル(prehistoric leech)」らしい。

受精卵を持つと繭で体を覆い始める。

卵が溜まると、体は繭から脱出。卵がふ化するまで、親は繭を守る。

 

当時のこの場所は、アフリカやインド、オーストラリアや南アメリカが形成するゴンドワナ大陸で、今の南極よりも温かかったらしい。

 

繊毛虫類は貝殻や骨がないので、なかなか化石にならない。

 

 

 

Similar Posts: