火星の土壌分析完了 しかし生命体の証拠は発見されず

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2242398/Curiosity-completes-analysis-Martian-soil–fails-ingredients-life.html

 

探査機キュリオシティによる火星の土の分析が行われていたが、成分を特定する分析は終了。

期待されていた生命体の痕跡は、なかった。

期待に胸を膨らませていた人々を落胆させている。

 

 

憶測では、炭素系の複雑な有機物化合物が発見されるのではないかと期待されていた。それは、生命体の痕跡である可能性があったからだ。





 

土壌はキュリオシティによって、炭素や酸素の量を特定する分析装置にかけられていた。

そして、NASAは驚くべき分析結果が得られたと報告したことから、ネット上では大騒ぎに。

2週間前には、探査機キュリオシティの主任研究員が「歴史に残る for the history books」とも発言してしまっていた。

 

 

今回は残念な結果だったかわりに、6輪ローバーが水と化学物質の混合物質を発見したらしい。化学物質は塩素、硫黄らしい。

また、多様な環境があるゲイル・クレーターの調査は続けるという。

 

「隠している」なんてことのありませんように。

 

 

Similar Posts: