反米ソング問題に対しPSYが謝罪 ABCNews

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


2004年に「アメリカ兵士を殺せ」とPSYが歌っていた問題で、7日に本人が謝罪した。
日曜日にオバマ大統領が参加するコンサートで、彼を出演させないよう糾弾するメールなどが殺到していたことから、国民感情に配慮して謝罪がされたようだ。

 

PSYはイラク戦争中にソウルで開かれたコンサートで、アメリカ兵士を侮辱する歌詞の歌を披露。
PSYがアメリカで売れ始めたころに、CNNの市民記者がこの過去を暴露したが、韓国側は「アメリカ兵が起こした韓国人少女への殺人事件に対するもの」で、PSYの歌に問題はないとしてきた。また、韓国名の市民記者については、「日本の右翼だ」と韓国人による書き込みなどがされていた。

 





PSYはパブリシストを通して、「米国で教育を受け、人生の重要な部分をアメリカで過ごした誇り高き韓国人として、アメリカの軍人と女性たちが世界と私の国の自由、民主主義を守るために犠牲を払っていることを理解している」とし、「私の歌詞がどのように解釈されるかについて深く謝罪する。これらの言葉で傷つけたことについて永遠に謝罪したい」とコメントした。

 

韓国に詳しい日本人記者が書いているという韓国ニュースサイトでは、今回の謝罪について、韓国国内の意見を象徴するように「政治的主張を謝罪する必要はあるのだろうか」「楽曲自体ではなく、使用した言葉について謝罪したようだ」としている。
しかし、アメリカでは政治的発言には責任が伴わなければならないという考え方が一般的で、過去にそういった発言をしながらアメリカで活動するという姿勢は受け入れがたいものになっているはずだ。
謝罪文には、「最近、米軍の前で公演する機会があり、それを光栄に感じた」と書かれている…。

 

ーーーー

デイリーメールは「米軍殺害ラップで猛抗議の中、PSYはマイアミジングルボールに出演」 と報じた。

記事に対しコメントが投稿されている。

一番評価の高いコメントは、「私はタンク事件のときの彼の怒りはわかる。でも、兵隊の娘、お母さんを殺すと言っている。それは本当に馬鹿なことだし、吐き気がする。彼は合衆国の敵ではないのですか? 脅迫ではないですか。ただ訊ねたい」(評価107)というもので、ニュージャージーから投稿されている。

2番目は「この奇妙な人は誰? 別の惑星から来たの?」(80)

3番目は「彼はもうすでにもうけたよ。愛しいドルを釣りまくった。ばか!」(56)

「なぜアメリカはこのイディオットをサポートするの? まるで私たちが本当の馬鹿みたいじゃないか。」というコメントに対して「あの江南スタイルの馬鹿? アメリカは彼をサポートなんてしていない。」(56)

4番目は「偽善者」(43)だった。

 

 

 

Similar Posts: