インパラが鳥をイヤリングに。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2245629/Look-earrings-Impalas-unconventional-accessorising-using-birds-instead-jewellery.html

 

南アフリカのインパラが、The red-billed oxpeckerの2羽をイヤリングにした…。

クルーガー国立公園のインパラがこんなに気持ち良さそうにしているのは、ウシツツキ(The red-billed oxpecker)がダニや寄生虫を食べてくれているため。

このきれいな赤いくちばしで、フケも耳垢も食べてくれるが、ウシツツキもインパラのようなほ乳類に依存していて、彼らがいないと生きていけない。

ウシツツキはほ乳類のダニが大好きで、幼虫までもむさぼり食ってくれるのだ。

毛は巣の建築材料にもなる。

 

そのため、インパラはまるでイヤリングのように、ウシツツキのやりたい放題にしているというわけ。

 

Similar Posts: