アメリカ、事件後に活況を呈する銃砲店

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-20764490

http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-20764490

 

ニューヨークのブルームバーグ市長は、「先進国でこのような問題を抱えているのはアメリカだけだ」とコメントした。

「銃の暴力が全国的に蔓延している。国家的悲劇だ」

ニューヨークでは銃の所持に対して警察が職務質問をするようになってから、銃を持ち歩く人が減った。

そのため、殺人事件は減った。銃を持たないことは、確実に数字に表れる。





 

しかし、政治家やロビー団体による銃規制反対論は根強い。

が、本当に変わらなくてはいけないのは、一部の国民そのもののようだ。

報道によると、銃規制が叫ばれる中、人々が銃砲店店に殺到しているという。

BBCが取材した店のオーナーは、「昨日はここ20年で最高の売り上げで、今日はさらにそれを大きく上回る」と語った。

一部国民にとって銃は自由の象徴で、殺傷能力の高い銃が規制される前に、銃を買っておきたいと「一部」の人々が思っているらしい。

 

今のところ銃規制反対派は沈黙を保っている。

 

 

Similar Posts: