誰もがやっているダイエットから、すべては始まる。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2250422/Frightening-words-4st-anorexic-Valeria-Levitin-gets-FAN-MAIL-shes-thin.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2250422/Frightening-words-4st-anorexic-Valeria-Levitin-gets-FAN-MAIL-shes-thin.html

 

ヴァレリア・レビチン、39歳。

学校で「太りすぎ」とやじられたのが原因だった。

 

172cmの彼女の適正体重は、低くて58キロ。

しかし、彼女の現在の体重はわずか27キロしかない。

 

19歳の彼女はこうだ。

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2250422/Frightening-words-4st-anorexic-Valeria-Levitin-gets-FAN-MAIL-shes-thin.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2250422/Frightening-words-4st-anorexic-Valeria-Levitin-gets-FAN-MAIL-shes-thin.html

ロシア生まれで現在モナコに住む彼女。





懸念しているのは、今の自分の姿に憧れて、どうすればいいのか相談するファンの手紙が届くことだ。

多くが20代だという。

 

そのため、こうしてメディアに出て、拒食症の危険性などについて発言することにした。

 

16歳のころ、母親とともにシカゴに移住。

少しふっくらしていたので、炭水化物や砂糖を制限した。

そして、ある男子がサッカーの試合で言った言葉がダイエットを加速させた。

「ゴールにヴァレリアを置いておけば勝てるぞ」

 

そこからは急激に体重が落ちた。

しかし、次はモデルになろうとしたときに、「太りすぎだ」と言われた。

一般人としては太っていなかったはずだが、彼女に強く響いた。

 

そして今では拒食症となっている。

避け続けた食品は、体が受け付けなくなった。

もはや、ほとんどの食品の味さえ覚えていない。

 

彼女は今、母親になるという夢を叶えるために必死だ。

しかし、摂食障害から抜け出すのは並大抵の努力では克服できない。

 

摂食障害の最大の問題は、「体と魂の調和」がなくなることだという。

彼女は最後に、「私は拒食症に耐える。あきらめる気はまったくない」

と、メディアに対し力強く語った。

 

 

 

 

Similar Posts: