南米火山噴火で最高レベルの警戒アラート。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2012/12/23/world/americas/chile-volcano/index.html?hpt=hp_t3

http://edition.cnn.com/2012/12/23/world/americas/chile-volcano/index.html?hpt=hp_t3

 

マヤ暦の終末論である22日に何もなかったことから、「24日が本当の終末の日だ」というニュースがABCNewsで報じられているが、南米チリでは終末論と言えなくもない警報が発令されている。

アルゼンチン国境にあるカピアウエ火山(カビアウエ)が22日に噴火し、当局が最高レベルのレッドアラートを出したのだ。





噴火事態は小規模だが、それが最高レベルになった理由は、マッドスライド。

強力な土砂崩れが発生する恐れがあり、半径15キロで発生するという。

 

標高およそ3000キロの火山から東へ60キロのAlto Biobioは現在、高度の警戒下にあり、当局は避難シナリオを緊急で組み立てている。

また、灰が混じった黒色のガスが大量に吹き出ていて、南東に向かって流れているという。

火山は50万年前に形成され、2000年7月ごろにも噴火している。

 

 

Similar Posts: