ベルファストの分断する壁と不気味な壁画

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2013-01-09 10.01.39

 

北アイルランド政府は、国旗掲揚問題で「平和的解決策が見つからなければ、深刻な事態になる」と警告した(BBC)。

イーストベルファストでは、抗議を止めない人々が街頭で抗議活動を続けている。

彼らは、「和平プロセスは、北アイルランドからイギリス色を薄めた」と一貫して主張している。

インタビューで抗議者の一人は、「もうたくさんだ。イギリスものはあれもダメ、これもダメ。もう我慢できない。北アイルランドの和平案は全廃すべき。我々は受け入れない」と語った。

 

また、抗議者の別の若者は「祖国は荒らしたくない。でも、国旗を元に戻して欲しい。それだけだ」と答えた。

 

アナリストによると、暴動を扇動しているのは一部過激派だとしている。平和的なデモも起きている。

住民は街頭での雰囲気に左右されているため、過激民兵組織があおれば、暴動は拡大していくらしい。

 

イースト・ベルファストでは騒ぎは続いているが、沈静化には向かっているという。

また、月曜日、市議会の議員の一人は、「この事態は世界の嘲笑の的となっている」と発言した。

 

http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-20951202

http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-20951202

 





ベルファストでは棲み分けがなされていて、カトリックが住むエリアは高い壁(ピース・ウォール)に囲まれている。

建物の壁にはロイヤリストなどグループの存在を主張する絵が描かれている。

より大きな地図で Maash Maps を表示
まさに暴動を起こしている民兵組織を表現する絵。

カソリックとプロテスタントを分断する壁。双方の争いを防ぐために建設された。

大きな地図で見る

 

プロテスタント側の家は国旗を掲揚している家が目立つ。ここでは、国旗こそが自分たちを守る手段であるかのようだ。

しかし、カソリック側では当然、国旗を掲揚していない。

守るべき国旗がある側と、守るべき国旗がない側ではどちらが幸せなのか。

今、憤りを感じているのは国旗を守る側であることは確かだが。

 

 

Similar Posts: