イギリスはフェイスブックに飽きた? 大量ユーザーが「消えた」謎

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2262183/Is-Britain-bored-Facebook-600-000-users-QUIT-social-network-December.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2262183/Is-Britain-bored-Facebook-600-000-users-QUIT-social-network-December.html

12月、イギリスのフェイスブックユーザーが大量に消えた。
ソーシャルネットワーク監視サイトSocialBakersによると、イギリスはどの国よりもアカウントの消失数が大きかった。

 

専門家はその理由として、フェイスブックのプライバシーポリシーをめぐる混乱と「フェイスブック疲れ」ではないかと見ている。

しかし、最もユーザー数の多いアメリカは現在1億6743万1700人で、先月は116万2760人(今アクセスすると66万8740に変更している)も減っている。

イギリスは現在のユーザー数が6位の3282万7180人で、先月は94万6120人が減少。2.88パーセント降下している。
ちなみに、これらは広告のために設計された集計方法(Google)のため、正確なユーザー数を示すものではない。

「フェイスブック疲れ」は、サインアップしたときに「みんなと友達」状態なのにうんざりすることで、本当は本当の友達とだけ話したいのに、みんなに情報が行き渡ってしまったり、「いいね」を押さなくてはならないことへの疲れだという。

また、広告にもうんざりしていて、大きくなったフェイスブックは今、混乱期にあると専門家は見ている。

SocialBakers

http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/?interval=last-month#chart-intervals

 

日本のユーザー数は、1687万9340人で、10万人増加していた。

ただし、稼働率が13.26パーセントで、他の国と比べても圧倒的に少ない。

 

「フェイスブック」の文字を見るだけで寒気がする人も世界にはいるかもしれない。

 

Similar Posts: