蛭に覆われた18歳の少年が発見される

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2269417/Matthew-Allen-Missing-Sydney-teenager-alive-NINE-weeks-Australian-bush.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2269417/Matthew-Allen-Missing-Sydney-teenager-alive-NINE-weeks-Australian-bush.html

 

昨年11月、オーストラリアのマシュー・アレンという18歳の少年が、携帯電話を家に置き、余分な洋服なども置いたままウエストレイの家を出た。

オーストラリアの茂みに入っていたのか、その後懸命の捜索にもかかわらず、彼は見つけられることはなかった。

 

猛暑もあったので、家族はもう彼は死んでしまったと諦めていた。

 

しかし、行方不明から9週間後、シドニー郊外のHornsbyで、ヒッチハイカーが彼を発見した。

彼は立ち上がることができなかったが、その理由は脚の壊疽。

そして、全身は蛭に覆われ、多くの虫さされで真っ赤だった。

目は半分失明しかかっていて、体重は激減していた。





 

脱水状態でもあった彼はヘリコプターで近くの病院に運ばれ治療を受け、警察は「命に別状はない」と発表したが、「あと数日で亡くなっていたかもしれない」と付け加えた。

 

少年は精神的な問題を抱えていて、「サバイバル・ミッション」として自ら茂みに入っていったとされている。

View Maash Maps in a larger map

少年が見つかったシドニー郊外Hornsby。正確な場所は不明。

 

コメント欄には「近くに住んでいるけど、茂みのあたりには家もいっぱいあるし、信じられない」「この記事を読むと家族はあまり喜んでない感じがする」「人生にストレスを感じて逃げ出したのだろう」「彼はメンタルに問題があったんだから、馬鹿とか言わないで」などと書き込まれている。

 

 

Similar Posts: