スマフォを危険にさらす10の事柄

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://abcnews.go.com/Business/10-dumbest-risks-people-smartphones/story?id=18378994

http://abcnews.go.com/Business/10-dumbest-risks-people-smartphones/story?id=18378994

 

ABCNEWSがスマートフォン時代の苦しみについて記事にしている。

スマートフォンはただの電話ではなく、パワフルで小さなコンピューターであり、コンピューターに電話機能が付いたようなもの。そして、それは苦しみの世界への航海となる…。

なぜなら、膨大な量の個人データが電話には入っているからだ。

自分たちの預金へもアクセスできるし、フェイスブックやツイッターなど多くのパスワードが入っている。

Eメールもあるし、電話番号もあなたの住所も友人の連絡先も満載だ。

もし盗まれ、悪用でもされたら…。

 

盗まれなくても恐怖は潜んでいる。

インターネットバンキングへのハッキングだ。

スターバックスやホテル、空港で無料Wifiを使っているときに、ウイルスがやってくるかもしれない。

 

そんな恐怖から携帯を守るのは、自分自身だ。

もしパスワードのセーフティガードをかけず、バックアップもとらず、リモートでデータを消去できるようなプログラムをインストールしていなかったら、トラウマ的イベントは発生してしまうかもしれない。

 

というわけで、ABCが「スマフォを危険にさらす10の事柄」を提案してくれた。





 

1 パスワード・プロテクションをかけていない。

もしあなたの財布が開きっぱなしだったら? と記事は問いかける。

なぜ多くの人がパスワードをかけないのか? とも問いかける。

それは、画面を開くたびにパスワードを押すのが面倒だからだ。

でも、バッドガイはパスワードがかかっているスマフォに悪戦苦闘するより、パスワードのかかっていないスマフォに狙いを定めるだろう。

 

 

2 ショッピングをアプリではなくブラウザで行う。

アマゾンで買い物するなら、アプリを使うべきらしい。

他のサービスもすべて同様。フィッシングを防ぐためだ。

 

3 オンラインバンキングなどにログインしっぱなし。

PayPalもeBayもネットバンキングも、ログインしっぱなしはダメ。

それは、仕事机の上にアメリカン・エクスプレスのカードを置いているようなものだ。

車のフロントシートに置いてあるようでもある。

あと、IDとパスワードをたずねてくるようなボックスには決して手を出さないこと。

 

毎回ログインするのは大変だが、それがセキュリティになる。

もしスマフォ自体にパスワードがかかってなくて、各サイトにログインしっぱなしだったら、それは財政的災害となってしまう。

 

4 自動でWiFi接続。

 

近くでWiFiを見つけたら、知らないものでも自動的に接続する機能がある。

セキュリティの専門家は10年前からその機能を使うべきでないと警告している。

ハッカーにとっては簡単にハックできる方法だからだ。

iPhoneの場合は「設定」「WiFi」で「接続を確認」をオンに。

もしくは外ではWiFiを切る。

 

5 Bluetoothをつけっぱ。

Bluesnarfing、Bluebuggingという単語は、Bluetoothを使ってハッキングするハッカー用語。

ホテルのロビーやレストランなどで、近くにいればハッキングできる。

 

6 古いスマフォを売る。

データを完全に消し去るのに失敗していたらアウト。

物理的に壊すのが正解。

 

7 無料ではない無料アプリ。

無料アプリの中に、クレジットカードなどの情報を聞いてくるものがある。

そして、その中に詐欺師たちのアプリが紛れ込んでいる。

結果、そのアプリは無料ではなくなるのだ…。

 

知らないアプリには気をつけよう。

 

8 スマフォに大事なデータを入れている。

クレジットカード番号やパスワードなどのテキストデータを保存していてはダメ。

携帯電話から機密情報を含むすべての書類を削除しよう。

ついでに、ノートパソコンなども対策を。

 

9 ブラウザの履歴クリアに失敗。

スマフォのブラウザに履歴が残っていると、簡単にお気に入りの店にログインできる。

 

10 iPhoneを探す的なソフトを入れていない。

無くなったり盗まれたスマフォを遠隔操作でロックしたり、データを消去したり、位置を特定するソフトを入れないと。

PCはiCloud.comから使う。iPhoneやiPadなどは「iPhoneを探す」アプリをiTunesからダウンロードして、無くなった他のデバイスを探す。

自分のデバイスには設定のiCloudで「iPhoneを探す」をオンにしておく必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts: