スタバのカフェインは1カップで推奨摂取量4分の3に達する? 研究家が警告

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2274679/How-caffeine-caffeine-The-Starbucks-coffee-quarters-safe-daily-dose-cup.html#axzz2K52CUvPB

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2274679/How-caffeine-caffeine-The-Starbucks-coffee-quarters-safe-daily-dose-cup.html#axzz2K52CUvPB

推奨される1日のカフェインリミットは一番上の400mg。

一番下に目をやると、カフェインレスのデカフェが5mgで、コーラが58となっている。

レッドブルだって83だから、結構少ないような感じがする。

 

死者が出たといわれているモンスター・エナジーでさえ8オンス缶で92mgだ。

その上にあるのが、妊婦の推奨リミット。200mg。

その上に5-Hour Energyという過激なドリンクがあるが、なぜかそのはるか上にグランデ(16オンス)サイズのスターバックス・コーヒーがある…。





カフェイン量はなんと、他をはるかに凌ぐ330mg。

なぜこんなことになっているのか。

サイズの問題でいえば、レッドブルの2倍。レッドブルはカフェイン83mgだから、2倍すると166mg。

スターバックスと比較するとカフェイン量は倍近い。

 

上の表はChemical and Engineering Newsによるも。カナダ政府機関のカナダ保健省は、人が心に不安を持つことなく暮らすのに、推奨される摂取量の基準値は400mgと結論している。

しかし、カフェインは他の薬物を使用することにって、影響はさまざまとなる。

 

毒物を研究している専門家のブルース・A・ゴールドバーガーは、「人々はこれらの飲料の潜在的リスクを理解していない」と警告した。

「カフェインは興奮剤であり、多く摂取すると負の効果がある」

 

致死量は10グラム前後で、コーヒーの8オンス75杯分。レッドブルで120缶に相当する。

しかし、先月に米国で発表された報告書では、エナジードリンクに関連する緊急治療室の使用件数は2010年に比べて36パーセントアップした。

FDAはモンスター・エナジー・ドリンクで5人が死亡したと昨年発表した。

 

それにしても、やはりスタバのコーヒーがこんなにもカフェインが多いとは信じがたい。

なにかの間違いではないかと疑ってしまうのだが…。

 

ケミカル・アンド・エンジニアリング・ニュースの記事はこちら

http://cen.acs.org/index.html

 

 

 

 

Similar Posts: