スカーレット・ヨハンソンがレミゼのオーディションを受けていたことを告白

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2277542/Scarlett-Johansson-reveals-failed-audition-Anne-Hathaways-Les-Miserables-role.html#axzz2KdjWSVis

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2277542/Scarlett-Johansson-reveals-failed-audition-Anne-Hathaways-Les-Miserables-role.html#axzz2KdjWSVis

 

スカーレット・ヨハンソンが、実は『レ・ミゼラブル』でオーディションに落ちていたことを明かした。

役を争ったライバルはアン・ハサウェイ。あのフォンティーヌ役だ。

 

ヨハンソンはBroadway.comに、「I sang my little heart out」と語った。





彼女はオーディションを楽しみにしていて、有頂天になっていたが、当日は喉頭炎になってしまったという。

 

ヨハンソンに打ち勝って役を手にしたアン・ハサウェイに対しても好意的に考えているようだ。

助演女優賞のオスカーはアン・ハサウェイが有力と見られているが、役はやるべき人にまわってくるとヨハンソンは考えている。

実際に、完成した映画を観て、自分はそこまで出来なかったかもしれないと認めた。

「あれは完璧だった。きっと運命で、そうなるべきだったのよ」

 

彼女は子どものころ、コゼット役のオーディションを受けたことがあるという。

だからこそ、今回のオーディションはいろいろ思い出して楽しかったようだ。

 

普通は、イメージを保持するためにオーディションに落ちたことは告白しない。

そのため、ヨハンソンの告白に「勇気がある」と各メディアが好意的に報道している。

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “スカーレット・ヨハンソンがレミゼのオーディションを受けていたことを告白

Comments are closed.