「人口網膜」を米FDAがついに承認。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.nytimes.com/2013/02/15/health/fda-approves-technology-to-give-limited-vision-to-blind-people.html?hp&_r=0

http://www.nytimes.com/2013/02/15/health/fda-approves-technology-to-give-limited-vision-to-blind-people.html?hp&_r=0

 

「人工網膜」は新たな段階へステップアップした。

木曜日、米食品医薬品局(FDA)が、視覚に障害のある人々に「光のパターン」を与える「人工網膜 artificial retina」の治療を認めたのだ。

 

人工網膜とは、眼の中に電極のシートを移植するもの。

ポータブルビデオプロセッサ搭載のカメラ付きメガネをつけることで、横断歩道やストーブの炎、人や車の存在を認識できる。時には、大きな文字もわかるという。





 

メガネに取り付けられた小型カメラは外の画像をキャプチャし、ベルトにあるビデオプロセッサが明暗のあるピクセル画像にし、信号を送信する。電極シートに与えられた信号は、網膜の損傷部分をバイパスして、脳に伝達されるという。

 

これは失明治療の「はじまりに過ぎない」といわれているが、今後は飛躍的にこの分野が伸びる可能性がある。

臨床試験に参加した男性によると、「道路の縁石は認識できる。ただ、細かいものはまったくわからない。もしメガネようなものを持っていない場合は、まったく見ることはできない」と少々不満げだ。

しかし、技術は年々進歩していて、最初の電極は16しかなかったが、今のバージョンは60もある。

 

アーガスⅡと呼ばれるこの商品は、ヨーロッパでは2011年に承認を受けている。

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “「人口網膜」を米FDAがついに承認。

Comments are closed.