PS4まもなく発表 ソニーはコンソール市場を守れるのか。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2281585/Sony-set-reveal-generation-PS4-games-console--set-sale-time-Christmas.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2281585/Sony-set-reveal-generation-PS4-games-console–set-sale-time-Christmas.html

 

NY現地時間20日午後6時(日本時間21日午前8時)に、「PlayStation Meeting 2013」が開催されるため、英デイリーメールは発表の模様をライブブログで発表する。イギリスでは午後11時になる。

 

2013年のクリスマス商戦めがけてコードネーム「オルビス」を投入するソニーは、低迷しつつあるコンソール市場をどう変えていくのか。

専門家はなぜゲーマーがPS4を今後選択しなくてはならないのか、はっきりした答えを20日に発表しなくてはならないとコメントしている。





また、記事では「エレクトロニクスの巨人ソニーは、それが未来を明らかにするものだと約束している」と期待を込めて書かれている。

 

 

1994年の立ち上げ以来、3億1000万台を発売してきたソニー。

PC分野はまだ生き残っているが、タブレットとスマフォに市場は確実に食われている。

コンソールも食われてはいるが(800億ドル市場の10パーセント)、そもそもゲーム離れの空気があるのかもしれない。

それを作ったのはもしかすると「高性能」だけを追求したPS3に責任があったと、後の世の人は言うのだろうか。

 

Wiiはあのコントローラ(リモコン)を開発したが、Wii Uはタブレットを「取り入れた」。

Xboxはキネクトで新しい遊びを開発し、ゲーム業界の未来に一番近い。

 

PS4は何があるのか。

噂されるようなコントローラとタッチパネルの組み合わせでは誰も驚かない。

ネットワーク云々、ソーシャル云々もたいしたことではない。

Vitaですでにやったことだし、成功はしていない。

PS4が発売されたころは、誰もがPCを持っている時代ではなく、誰もがスマフォを持っている時代ではなかった。

今では四六時中デジタルデバイスを使っている中で、さらにテレビとコンソールで遊ぶとなれば、食傷気味になるのも仕方が無い。

 

Wii Uでもテーマになったが、「テレビ画面とゲーム機」に未来があるのかどうか。

いっそのことテレビモニタをやめて、ヘッドセットの進化したもので視界を全部ゲーム画面にしてしまうような未来のほうがいい。

もうテレビ中だけではない、より強烈なバーチャル体験がゲームには必要なのだ。

 

 

Similar Posts: