マンチェスターユナイテッドのCEOが辞任

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2013/02/20/sport/football/manchester-united-david-gill-football/index.html?hpt=hp_bn1

http://edition.cnn.com/2013/02/20/sport/football/manchester-united-david-gill-football/index.html?hpt=hp_bn1

 

6月、マンチェスターユナイテッドのCEOデビッド・ギルが辞任する。

10年のCEO生活から引退するギルは、執行副会長のエド・ウッドワードにその座を明け渡す。

 

1997年に財務部長としてユナイテッドに参加したギルは、6年目の2003年にCEOに就任。





以来、4つのプレミア制覇と、2008年のチャンピオンズリーグ制覇を達成している。

2005年、米NFLタンパベイ・バッカニアーズのグレイザー一家に買収されるという苦難の時期を経験した。

 

ギルは経営には新たなアイディアとリフレッシュが必要だと考えているとコメントした。

共同会長のジョエル・グレイザー氏は、「デビッドはCEOとして10年間、ユナイテッドの成功に重要な役割を果たしてきた」と彼を称えた。

 

グレーザー一家は約14億7000万ドルで支配権を獲得したが、高利息の借金をしたために、マンUは一転して多額の負債を抱えるクラブとなったという。

そのため反グレーザー運動を巻き起こすこととなった。

 

 

Similar Posts: