風景を撮影していたプロカメラマンが撮影した隕石。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2282330/I-thought-nuclear-bomb-exploding-Photographers-breathtaking-pictures-Russian-meteorite-feared-live-through.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2282330/I-thought-nuclear-bomb-exploding-Photographers-breathtaking-pictures-Russian-meteorite-feared-live-through.html

 

ロシアの隕石では多くの映像や画像が残されているが、たまたま風景写真を撮影していたプロカメラマンも隕石落下の撮影に成功した。





三脚を立てて美しい松林を撮影していたマラトさんは、突然、目の前が強く光り、肌に暖かみを感じた。

同時に目に痛みを感じ、混乱したという。

「これは、核爆弾ではないのか?」

 

次に、小惑星かもしれないとも思ったし、飛行機の墜落の可能性も考えた。

すると、巨大な爆発音。

 

鳥たちが一斉に飛び上がり、心拍数が上がった。

呼吸が乱れ、手が震える。

しかし、何度もシャッターは押していた。

 

隕石が作った雲には、下から朝日が当たっていて美しい。

少しずつ消えていく雲と、地平線から上がる朝日。

やっぱり美しい。

 

 

Similar Posts: