睡眠不足は700の遺伝子に悪影響。 米研究

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2284275/Just-ONE-WEEK-disrupted-sleep-play-havoc-health.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2284275/Just-ONE-WEEK-disrupted-sleep-play-havoc-health.html

 

睡眠不足になると炭水化物を欲するようになるらしい。

最新の研究によると、睡眠不足は700の遺伝子に影響を与え、ストレス、肥満、心臓病に繋がるという研究結果が出た。

 

研究者は26人の睡眠不足者の遺伝子について調べた。

すると、彼らは700以上の遺伝子に影響があった。

その中には、ストレス、免疫、代謝、体内時計などに関するものがあり、全米科学アカデミーに寄稿された文によると、「睡眠不足はますます健康上の問題に広い範囲で影響すると認められる」らしい。





 

6時間未満の睡眠は死亡率、肥満、心臓病、糖尿病、心血管疾患や認知症などあらゆる負の面のリンクする。

ボランティアで研究に参加した被験者は、一日6時間以上の睡眠は認められず、平均5.7時間となった。

研究中、3時間ごとにRNAのサンプルを採取された被験者は、最終的に一週間で40時間しか眠れなかったことになる。

また、同じ被験者で一週間、1日10時間の睡眠をした場合のサンプルも採取され、比較された。

研究はSurrey大学のダーク・ジャン・ダイク教授によって行われたものだ。

 

睡眠の必要性は前々から指摘されていて、ドイツのチュービンゲン大学の研究者は、睡眠と記憶の関係性を調べていて、睡眠によって一日の学習が記憶されるとしている。

 

早寝遅起き。人生の理想ではある。

 

 

Similar Posts: