お腹の子どもが女の子だと母親の胸が大きくなる説。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-2288138/Babys-sex-Old-wives-tales-say-shape-bump-key-scientific-truth-surprising.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2288138/Babys-sex-Old-wives-tales-say-shape-bump-key-scientific-truth-surprising.html

 

妊婦のお腹の形で性別がわかるというのは日本でもあるが、イギリスでもある。

両側に拡がって低いふくらみだと女の子。高くて突き出ているのが男の子だ。

 

しかし、最新の科学では、お腹のふくらみは関係ない。

予測に一番役立つのは、胸の形だ。

 

まず、女の子のほうが、胸が大きくなる。

平均で8センチ、男の子なら平均6.3センチ。

 

男の子はテストステロンを多く生産するので、母親からより多くのエネルギーを必要とする。





そのために乳房の成長が抑制されるのだ。

 

記事には、つわりについても考察されている。

つわりはずばり、毒から子どもを守るために行われるようだ。

肉は細菌やウイルスのホストで、チーズは細菌や菌類を生み、野菜は細菌を運ぶ。

大人ならそれに耐えられるが、小さな受精卵、胚は耐えることができない。

そのため、吐き気、嘔吐、匂いへの反感によって、母親がそれらを摂取することを防ぐようだ。

たとえば、ポップコーンやトルティーヤなどトウモロコシ系にはあまりつわりがない。

これは、毒素が少ないせいだ。

しかし、日本は魚介類をはじめとして毒素を持つ食物グループが多く、世界の中でもつわりが起こりやすい国だという。

 

さらには、兄弟が兄弟を産む説。なるものもあるらしい。

兄弟が多い家の男子が父になると、子どもたちも兄弟になりやすい。

姉妹を多く持つ家の男子が父になると、姉妹を産みやすいのだ。

あくまで男性が父になった場合らしい。

 

 

母親が赤ちゃんに発する言葉は、短くてゆっくり。

そしてなんども繰り返す。

それこそが赤ちゃんにとって言語を学ぶ最短の方法だそうだ。

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。