3週間以上の輸血血液は体に有害なのか。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2291563/Donated-blood-older-weeks-harmful-fatty-food-smoking.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2291563/Donated-blood-older-weeks-harmful-fatty-food-smoking.html

 

専門家によると、三週間以上たった献血の血は危険。らしい。

一酸化窒素(nitric oxide)が新鮮な血液より足りないためだ。

そして、そういった質の違いは、喫煙や糖尿病と同じ症状をもたらすという。

 

先週、ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の研究者が、3週間以上を経た血液の危険性を発表した。

現在、輸血された血液の最大保存可能期間は6週間とされているが、この研究結果を読む限り、6週間の血液は使いたくなくなる…。





 

大学の最新研究では、古い血液は一酸化窒素欠乏を起こし、3週間で有害なものに変わるという。

 

一酸化窒素の欠乏はいったい、何を意味するのか。

一酸化窒素の役割は、酸素運搬と血管を拡張させる働きがあるといわれている。

つまり、欠乏することによって、喫煙しているのと同じ状態になる。

そして、血液は毛細血管まで届きづらくなるのだ。

 

 

3週間後の血液がもたらすのは、喫煙に似た症状だけではない。脂肪の多い食事をする人にも似るし、糖尿病の患者の血液にも似る。

この問題の解決の方法は新鮮な血液を使うことだが、それでは現状、血液が足りない。

可能性として、亜硝酸(Nitrite)を加えるという方法があるらしい。

 

ニューイングランド·ジャーナル·オブ·メディシンでは2008年ごろ、古い血液を輸血された心臓手術患者が、病院で死亡のリスクが高かったことを報告している。

 

 

Similar Posts: