ゴルフ場に陥没穴 ゴルファーが巻き込まれる

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2013/03/golfer-swallowed-by-sinkhole/

http://abcnews.go.com/blogs/headlines/2013/03/golfer-swallowed-by-sinkhole/

14番ボールに18フィート(5.4メートル)の穴…。
セントルイスのゴルフ場でゴルフを楽しんでいた不動産ブローカーのマイク・ミハルは、まさか地球にこんな穴があるとは思いもしなかったろう。

 

安心しきってフェアウェイの真ん中に立っていた彼は、気づくと真っ暗闇にいた。
肩は脱臼し、上にかすかな光が見える。

 

一緒にゴルフ場をまわっていた友人は、すぐに助けを求めた。

 





そのとき、ある店の前に立っていたAnnbriarのゼネラル・マネージャーのラス・ノッベが異常事態に気づき、ロープやはしごをゴルフカートに乗せて14番ホールに向かった。
フェアウェイの真ん中はバンカーのようになっていた。

 

そして、穴の下に男性の影。
彼は穴にはしごを入れたが、ミハルは肩を脱臼していたため、自力では上れなかった。

 

そのため、幅10フィートの穴にノッベ自身が下りて、ミハルの腰にロープを巻き付けた。
そして友人がミハルを引き上げたのだった。

 

二人が穴から出たころに、救急車や警察が到着したという。

 

専門家によると、彼はまさにタイミングが悪かったとしかいいようがないらしい。

もし誰も落ちなくても、雨の日にそこは陥没していただろうとコメントしている。

 

このエリアはオザック・エコリージョンと呼ばれ、陥没の発生しやすい場所だという。

フロリダの陥没エリアとはまた違ったエリアではある。

 

「地球の中」に落ちてしまったマイク・ミハル。

肩の脱臼だけで済んだからいいものの、フロリダのような最悪のケースも起きていたかもしれない。

専門家は、「こんな事態は宝くじに当たるより稀」だというが…。

 

 

Similar Posts: