批判から一転称賛へ バルセロナの逆転勝利

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.guardian.co.uk/football/2013/mar/12/barcelona-milan-champions-league

http://www.guardian.co.uk/football/2013/mar/12/barcelona-milan-champions-league

 

チャンピオンズリーグで2-0でミランに負けていたバルセロナ。

メディアはすっかり最近のバルセロナの不調を「転落の始まり」と報じていたが、ホームで4-0という大勝利をおさめ、メディアの論調を一転させた。

 

いつものバルセロナなら、4-0の勝利は順当だったかもしれない。

ミランは若手を中心としたメンバーだし、バルセロナはこういったレベルのチームにも大量得点で勝利してきた。





しかし、ミランのホームで2-0で負けたときには、「メッシ攻略法」が完成したようにメディアは報じた。

 

今回のバルサは本気だった。

結局、バルサに足りなかったのは、グアルディオラのようなモチベーターだった。

グアルディオラの後任のビエルサは4年間にわたりグアルディオラの隣でチームを見てきた人だから、チームの構造を変えるようなことはまったくなく、あらゆるところに気が利く人物としてチームの評判は高かった。

しかし、病気療養中の彼はNYにいる。

モチベーションは上げられない。

 

モチベーションのないチームだと、感じていたのはチームメイト自身だった。

ミランでのような試合は二度としないと、チームメイトら自ら考えていたはずだ。

 

ちょっと調子を落としたぐらいでは、バルサを正確に評することはできないらしい。

Similar Posts: