米グーグル 電子メール、パスワード収集問題を改めて認める。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.nytimes.com/2013/03/13/technology/google-pays-fine-over-street-view-privacy-breach.html?hp&_r=0

http://www.nytimes.com/2013/03/13/technology/google-pays-fine-over-street-view-privacy-breach.html?hp&_r=0

 

火曜日、グーグルはストリートビューのデータ収集問題での責任を米各州に対して認めた。

これは、米38州から提訴されていた問題で、ストリートビューの情報収集中に、パスワードのかかっていないネットワークから、パスワード、電子メールなどの個人情報を収集していた件に対するもの。





問題が発覚したのは2010年で、その後再発防止策に取り組んできた。

 

グーグルは今回、提訴された問題の積極的な解決を望んでいて、700万ドルの罰金を払う予定だ。

また、6ヶ月以内にさまざまな改善プログラムを実施しなくてはならない。

 

グーグルにとって、プライバシー問題は一生付きまとう。

だからこそ、問題を長引きさせることなく、一つひとつ対処していくことが社の存続を左右する。

 

個人の情報を手に入れることで、広告業界を牛耳る。

そういったグーグルの野望は衰えることがないのだ。

 

 

Similar Posts: