キンドル・ファイア・HDの8.9インチ、各国の値段。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2292840/Amazon-aiming-bite-Apples-iPad-new-229-big-screen-Kindle.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2292840/Amazon-aiming-bite-Apples-iPad-new-229-big-screen-Kindle.html

 

アマゾンがキンドル・ファイアHD8.9インチバージョンをイギリスや日本で販売スタートした。

価格はイギリスで229ポンド(レート換算3.2万円)。ヨーロッパでは今まで7インチ版だけが入手可能だった。

 

 

アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは13日、キンドル・ファイア・HD8.9インチバージョンのヨーロッパと日本での発売と、アメリカでの値下げを発表。

 





アメリカでは8.9インチWifi版(16GB)は299ドルから値下げし、269ドルという低価格で販売される。

日本円にすると2.9万円(発売当時のレートでは2万5000円程度)から2万4800円(日本での実売価格。現在のレート換算だと2.6万円)への値下がりだから、7.9インチのminiの2.8万円よりお得感がある。

9.7インチのiPad(499ドル、日本での実売価格4万2800円)と比べるとなおさらだ。

ちなみにイギリスではiPad9.7インチは399ポンド。

 

新たに8.9インチを販売する国はイギリス、ドイツ、フランス、イタリー、スペイン、日本。

カナダは販売を見送られた。

 

価格にはminiと比べてしまうが、その点、解像度でも問題はない。

iPadは2048×1536ピクセル、キンドルは1920×1200。

iPadと遜色なく、iPadminiより明らかなお得感がある。

 

しかし、iPadは20万アプリ。タブレット用に大手がiPad用アプリを作らない。なんてことはないが、キンドルなら、ある(公式には)。

 

 

 

Similar Posts: